読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーザー辞書

僕は小説を好んで読まない一方、言葉というもの自体は好きなので、何とかして日常的に語彙を摂取していきたいと思いながら生きているんだけど、その最短ルートは本を読むことであって、でもそれは好きではないし、だから進んでする事はない。そうなると自動的に基本的にはインターネットや人との会話から取得して自分の辞書にインストールするしかない。現代人は毎日の生活を送っていくうえであらゆる情報を身にまとい、それこそ情報の海を毎日クロールで生きているわけだけど、文字情報も例外でなく飽和してる。それは一見すると初めに綴った自分の願望はいとも簡単に達成できそうな印象を与えるけど、その実、蓋を開けてみればそこに蔓延っているのは法の整備のされていない混沌とした猥雑な、全く均整の取れていない粗悪なパチモンの宝庫。別にそれに囲まれてること自体そんなに居心地悪くないし、むしろ心地いいんだけど、だけどはっきり言ってそんなものリアルな人との会話ではなんの役にも立たない。「ぽやしみ〜〜!」とかマジ顔で言われたら人間本来の嫌悪感が湯水のように湧き出てしまうし、可能なら関わるのをやめる。僕はひのきのぼうが欲しいんじゃなくてはがねのつるぎを装備してボコボコにコミュニケーションをとりたい。とどのつまり本読むのがはやいんだけど、やっぱり別に小説は趣味の範疇からギリギリでてるので泥のようなインターネットにズブズブ浸かりながらたまにみつかるビー玉を拾い集めてユーザー辞書をつくっている。